UNIXJBCのデジタルはんだごてシリーズ

特徴その1 最高クラスのレスポンス加熱

たった2秒で350度に到達

最高クラスのクイックレスポンス加熱
最高クラスのクイックレスポンス加熱

従来のはんだごてが350℃に到達するのに10~90秒かかるのに対して、UNIXJBCはグリップをスタンドから取り上げてたった2秒で同温度に到達します。
また連続はんだ付時は急速に温度が回復し、従来のはんだ付よりも約半分の時間で同じ作業を実行できます。

連続はんだ付時の急速な温度回復

倍速。他を圧倒する温度回復力
倍速。他を圧倒する温度回復力

従来のはんだごてではこて先の実温度は70℃降下し、作業にかかる時間は12秒でした。
UNIX JBCシリーズのはんだごてではたった30℃しか温度は降下せず、この半分の時間、たった6秒で同じ作業を実行できます。これは、圧倒的なヒーター性能の違いで実現しました。オペレーターはこて先の温度回復に待つことなく作業を継続することが出来ます。

特徴その2 直観的で使いやすいデザイン

  • ワンタッチ
    カートリッジ交換機構

    ワンタッチカートリッジ交換機構

    ワンタッチカートリッジ交換機構が内蔵されているため、カートリッジを片手で素早く交換できます。

  • 角度調節可能な
    こてスタンド

    角度調節可能なこてスタンド

    こてスタンドの挿入角度をお好みの角度に変更することができます。

  • ケーブルコレクター

    ケーブルコレクター

    作業時に邪魔になりやすいグリップケーブルを、使いやすい位置で固定することができます。

  • オールインワンの
    クリーニング機能

    ワンタッチカートリッジ交換機構

    こて先ワイパー、メタルウール、スポンジの3パターンのクリーニング機能がひとつに。

特徴その3 こて先寿命の延長と省エネ効果

こて先寿命の延長と省エネ効果

突出したこて先寿命延長機能

スリープモード

はんだごてをスタンドに置くとすぐに、こて先の温度は自動的に待機設定温度に下がり、こて先の摩耗を抑えるので、その結果従来のこて先よりも操作寿命が長くなります。はんだごてをスタンドからもう一度取り外せば、こて先の温度はクイックレスポンス加熱システムにより回復します。※スリープモードに入るまでの時間も任意に設定可能です。

加熱しすぎによる部品の破損を防ぎます

オーバーヒートブロック

UNIXJBCシリーズはクイックレスポンス加熱システムを特徴としているため、熱容量の大きいワークに対してもかなりの低温度ではんだ付けが可能です。例えば従来のステーションで400℃以上に設定している場合でも、UNIXJBCシリーズでは、370℃という低温度ではんだ付けできます。またそのクイックレスポンス加熱システムのおかげで加熱時間が短くなり部品破損の危険性がなくなり、品質の安定化が期待できます。

特徴その4 豊富できめ細やかなカートリッジ

豊富できめ細やかなカートリッジ

感動を呼ぶ驚愕の熱伝導

UNIXJBCカートリッジは超小型にもかかわらず、優れた熱供給を誇ります。先端の最小サイズはφ0.1から大容量タイプまで多数ご用意しております。
ピンセット型グリップは軽量でとても使いやすく、0402チップ抵抗や大型表面実装部品まで瞬時に取り外すことができます。

用途に応じたカートリッジ

400種類を超すカートリッジを取り揃え、あらゆるワークに適したこて先タイプを選択できます。

UNIXJBCのカートリッジが選ばれる3つの理由

  • 高効率な熱伝達設計
  • 他にはない、素早い立ち上がりと温度回復力
  • インテリジェントコントロールアルゴリズムで長期寿命を実現
こて先カートリッジを表示PDFデータ 492KB

特徴その5 用途に合わせたはんだ付ツール

用途に合わせたはんだ付ツール
  • CD
    デジタルはんだごて

    デジタルはんだごて

    あらゆるはんだ付け用途に使用できる、スタンダードなはんだコテキット

    CDページへ
  • HDE
    ハイパワーデジタルはんだごて

    ハイパワーデジタルはんだごて

    大型部品等の大熱容量はんだ付けに最適

    HDEページへ
  • CP
    ピンセット型はんだごて

    ピンセット型はんだごて

    小さな表面実装部品へのはんだ付、リワークの決定版

    CPページへ
  • JTSE/TESE DIS NASE
    その他製品

    その他製品

    超高精密部品のはんだ付や表面実装部品の修理等

    その他製品へ